海外お見合いナビ

国際結婚の向き不向き

国際結婚にあこがれを抱いている男女は案外多いです。日本人の気質として、あまり感情表現をしないところがあります。それに対し、韓国人やアメリカ人は情熱的で、感情表現が豊かな傾向があるため、魅かれるのです。日本人の異性にどこかもの足りなさを感じているなら、国際結婚が向いているかもしれません。

しかし、自分が国際結婚に向いているのかどうかは、それだけで判断することはできません。憧れだけで結婚し、あとになって思ってもみなかった問題が持ち上がって苦労することのないように、冷静になって国際結婚の向き不向きを考えてみましょう。まず、国際結婚が向いているのは意志の強い人です。国際結婚は何かと大変なこともあります。結婚の手続きひとつをとっても複雑でお金がかかりますし、お互いの実家への行き来も大変です。もしかしたら言語もあまり通じないかもしれません。それでも意志を貫く強さ、決意の固さが必要なのです。

また、独立した強めの女性も国際結婚が向いているかもしれません。自分の意見をしっかりと述べることができる学級委員タイプの女性は、日本では男性に敬遠されてしまう傾向があるかもしれません。でも、国際的にはおとなしい部類かもしれないのです。さらに、精神的に独立した女性なら、相手と母語が異なっていてもやっていけるでしょう。旅行好き、海外に住みたい、外国人にときめく、みんなとはちょっと違った人生を送りたい。そんな方は国際結婚が向いているのかもしれません。